強み・成長戦略

株主優待

当社グループの概要

当社グループは、当社及び国内外のグループ会社8社の合計9社で構成されています。
「金融をもっとオープンに誰にとっても身近な存在にしたい」との想いから、個人の投資家のお客様に対して、インターネットを通じた金融商品取引サービスを提供する、インターネット金融関連事業を展開しております。

当社グループでは、様々な金融商品を取り扱っていますが、店頭FX、店頭CFD、バイナリー・オプションなどの商品から構成されるトレーディング損益が収益の7割程度を占めています。

当社グループ各社の事業展開地域と取扱商品の概要

当社グループの強み

当社グループは、システムの開発・保守・運用を自社グループで行っておりますが、これにより、お客様の変化するニーズに素早く対応した利便性の高い取引ツールの開発や業界最低水準の取引コストでの顧客サービスの提供を実現しております。

創業時より、「低コストで、より利便性の高いサービスの提供」を追求してきたGMOクリック証券は、システムの内製化、バックオフィス業務の自動化及びアウトソーシングの活用により、コストを抑えた事業運営を行っており、利便性の高いツールや価格競争力のある低い手数料・取引コストでのサービスを提供しています。これらが評価され、FX年間取引高が2012年より5年連続で世界第1位(ファイナンス・マグネイト社調べ。各年1月~12月の取引高合計)となっております。

GMOクリック証券世界取引高第1位。5年連続達成!

  • ※ GMOクリック証券は、フォレックス・マグネイト社の「2016年年間FX取引高調査報告書」において、2016年1~12月のFX取引高(売買代金/ドル換算)1位を獲得。上記グラフは、上位10社の取引高と上位10社におけるGMOクリック証券取引高シェア。

今後の展開

当社グループは、現在の事業をより強くし盤石な基盤を築くことを重視すると同時に将来の成長へ向けて、中長期的な視点からの投資を行っていくことを重視しております。
日本国内においては、店頭FX取引における売買代金シェアのさらなる拡大、また、FX以外の商品のご提供を通じた、顧客基盤、収益基盤の拡大を図ってまいります。
また、海外では、香港・英国を中心に現地でのマーケティング等のノウハウを蓄積し、早期のビジネス基盤の構築を進めてまいります。
また、中長期的には、当社の技術力や既存ビジネスとシナジーの高い他の金融分野における事業へも参入し、ネット総合金融グループを目指してまいります。