経営環境及び対処すべき課題

国内の金融業界は、近年、人工知能やビッグデータ解析等の情報技術の発展によって新たな金融サービスを提供するフィンテック企業が台頭する中、異業種からの業界参入が相次ぐなど、大きな変革の時を迎えています。また、証券業界やFX業界においては、業界が成熟する中、手数料無料化やスプレッド縮小の動きが加速し、顧客獲得競争が一段と激化しています。

このような事業環境の中、当社及び当社連結子会社(以下「GMO-FH」)は、次の分野における取り組みを加速させ、外部環境の変化をチャンスに変えて新たな価値を創造し、持続的成長と企業価値の向上を図っていきます。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大がGMO-FHの事業に与える影響については、現時点では僅少と認識していますが、今後の市況の変化によっては各商品の取引量が増減するなど影響を受ける可能性があります。

組織力の強化

GMO-FHは、金融システムを自ら開発できる高い技術力を武器に、常に最先端のテクノロジーを研究し、最適なテクノロジーを組み合わせることで成長を遂げてきました。技術革新が進展し、フィンテック企業の業界参入も相次ぐ中、さらなる成長を実現するためには、最大の強みである技術力を研ぎ澄ますとともに、その技術力を社会に還元する手法を生み出せる、柔軟な思考力を持つ人財の確保・育成が必要であると考えています。

従業員一人ひとりが能力とクリエイティビティを最大限に発揮できる環境を整備するため、体系的な人財育成制度の設計と運用を行うとともに、既存の業務プロセスの見直しによる業務の効率化、ペーパーレス化や業務の自動化などの取り組みを推進し、仕事の質や生産性の向上を図っています。また、個性と多様性、徹底的な議論を大切にすることで、既存の枠組みに囚われない自由な発想やアイデアが生み出されるクリエイティブな組織風土を醸成し、お客様にとって本当に価値のある便利なサービスをスピーディーに、そしてリーズナブルに提供できる組織を目指していきます。

店頭デリバティブ商品のさらなる強化

証券・FX事業を展開するGMOクリック証券株式会社は、個人向け店頭FX取引において、取引高は世界第1位、預り証拠金残高は国内トップレベルを誇り、業界をリードしています。一方、国内マーケットの成長速度が鈍化する中でスプレッド競争が再燃するなど、外部環境は厳しさを増しています。GMO-FHは、このような環境下においても持続的成長を実現するため、ビッグデータ解析や法人向けFX取引を活用することで為替ヘッジ取引の最適化に努め、収益率の向上を図っています。今後も、各施策の着実な遂行と効果検証によって改善を推し進めることで、店頭FXのさらなる収益力向上に努めていきます。

また、店頭FXに次ぐ新たな収益の柱として、CFDの育成を進めています。2020年12月期においては、積極的なプロモーション展開の成果により商品認知度が向上し、口座数・預り証拠金残高が堅調に推移したことに加え、売買代金、収益も増加しました。今後も、マーケティングへの投資を強化し、市場・顧客基盤の拡大を図るとともに、他商品とのクロスセル施策を推進することでより一層の成長を目指していきます。

証券事業における収益の確保

証券事業は、既存の証券各社が激しい競争を繰り広げる市場でありながら、フィンテック企業の新規参入が相次ぎ、加えて株式委託手数料無料化の波が押し寄せたことで、これまでにない非常に厳しい環境に置かれています。現時点で株式委託手数料を無料化してもGMO-FH全体の収益に与えるインパクトは大きくありませんが、株式委託手数料分の単純な減益となります。証券事業については長期的な視点に立ち、現時点では手数料無料化競争に加わらず、利便性の高いサービスを提供することで顧客基盤を維持するとともに、貸株サービスの強化や他の金融商品もあわせてお取引していただけるようなマーケティングプランの構築と徹底的なコスト削減を進め、収益性の向上を図っていきます。

暗号資産事業

暗号資産事業においては、お客様の資産を安全に保全できる堅牢なセキュリティ体制の強化が重要であると認識しています。同事業を展開するGMOコイン株式会社(以下「GMOコイン」)は、GMO-FHがこれまでの金融事業で培ってきた高い技術力を生かし、暗号資産の保管態勢を改善するとともに、金融犯罪の発生等の防止やマネー・ローンダリング、テロ資金供与対策等の高度化に継続して取り組んでいます。

また、国内暗号資産業界において、2020年5月、改正資金決済法や改正金融商品取引法が施行され法整備が大きく進む中、GMOコインは第一種金融商品取引業者の登録を完了しました。法改正を受けて、2021年には証拠金取引のレバレッジ規制が強化されますが、GMOコインは、サービス開始当初から最優先事項としている安心・安全な取引環境を提供するとともに、アルトコイン銘柄の追加、法人口座やAPIサービスの強化など商品・サービスの拡充と利便性向上に向けた取り組みを推進することで、国内取引高シェアの拡大とさらなる利益成長を目指していきます。

新規事業の開発、海外事業展開の加速

GMO-FHは、国内で進展する少子高齢化・人口構成の変化や既存事業の市場成熟化の影響を踏まえて、長期的な視点から新規事業の開発と海外事業展開を加速させることが重要であると考えています。新規事業については、強みであるシステム開発力を生かして、社会的ニーズが高く、今後成長が見込まれる新しい事業領域での取り組みを積極的に進めていきます。海外事業については、現在、香港・英国を拠点にした店頭FXなどの店頭デリバティブ取引サービスの提供に加えて、タイ王国でインターネット証券取引サービスを提供しています。同国の事業では成長の余地がある信用取引に注力することで信用取引残高シェアを順調に伸ばし好調に推移しています。大口顧客獲得とマスマーケティングの展開により成長を加速させていきます。

また、今後、新たな地域への進出も検討し、国内事業、これまでの海外事業展開で培った技術・ノウハウをフルに活用し、世界各国のお客様のニーズに応じたサービスを提供することで、事業規模の拡大と収益力の向上を図っていきます。